FrontPage

プラグインの作り方

プラグイン名.rbのファイルを作る

例 作成するプラグイン名をtoolsとすると

tools.rbというファイルを作ります。

プラグインの関数作成

def プラグイン名(config, data)
  処理
end

例 作成するプラグイン名をtoolsとすると

def tools(config, data)
  処理
end

※パラメータが必要な場合は

config["パラメータ名"] で参照します。

パラメータ名はconfig.yamlで指定します。

  config:
    filename: data.yaml

この場合config["filename"] → "data.yaml"になります。

入力はdataで関数の出力はそのまま次のプラグインのdata引数に渡されます。

pluginフォルダの中に保存します

例 作成するプラグイン名をtoolsとすると

作成したtools.rbというファイルをpluginフォルダに保存します。

config.yamlから呼び出します。

例 作成するプラグイン名をtools

必要なオプションをfilenameとします

config.yaml例

- module: tools
  config:
    filename: data.yaml

上記が処理される時に

tools.rbが呼び出されます。

config["filename"]の値は"data.yaml"になっています。

処理結果を関数の戻り値で返します。

Counter: 3196, today: 1, yesterday: 0

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Wed, 20 Jun 2007 13:36:39 JST (4560d)